スポンサーサイト

  • 2018.04.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ​角田山にミズバショウ

    • 2018.04.02 Monday
    • 10:35

     

    昨年夏に巨大に成長した葉を見つけて、もしやミズバショウでは? とあたりをつけていたのですが、実際にその姿を目にして驚きました。旧巻町仁箇に自生地があると聞いたことはありましたが、まさか角田山中でひっそりと咲いているなんて。
    この日(4月1日)は他にも春の花が競演状態。主役はカタクリとショウジョウバカマで、イカリソウと水仙が咲き始めました。最後の顔見せといった雪割草と顔を出したばかりのスミレは照りつける日射しが辛そうでしたね。

     

     

     

    今年も極楽気分 角田周辺の花畑

    • 2018.03.26 Monday
    • 09:47

     

    ここはあの世かと、昨年うっとりしてしまった花畑へ今年も出かけました。五箇峠へ通じる林道は3月末まで通行止のため、浦浜コース経由で五箇峠、樋曽山へ。

     

    3月25日現在、浦浜コースは陽当たりの良い斜面で既にカタクリが存在感を見せ始め、来週あたりが見ごろな雰囲気。五箇峠コース入り口の雪割草はまだまだ顔を出したばかり、元気がいいのはイチリンソウばかりという状況でした。

     

     

    陽当たりの良い件の花畑は既に極楽状態。雪割草、イチゲ、オウレンなどが海からの風に揺れていましたが、三角点奥のカタクリ群生地はまだつぼみ。

    樋曽山へ向かう道の両側は雪割草とカタクリが早春の日を浴びて気持ちよさそう。私たちも日当たりの良い適当な場所でお弁当とビールを取り出し、ああ、極楽。

     

     

    そうそう、雪割草保護に携わるボランティアのお父さんからいろんな情報を得ました。別れ際にはコシノコバイモがあるよと、指さして教えてもらいました。開花はもう少し先かなあ。

    今年もお元気 コウノトリ

    • 2018.01.20 Saturday
    • 11:06

     

    新春の白鳥を目当てに佐潟へ出かけたところ、今シーズンも例のコウノトリに遭遇しました。この写真は1月2日です。背中のアンテナがまだ付いたまま。

     

    たった1羽では寂しくなって仲間のいるよそへ移ってしまうだろうと思っていましたが、結構佐潟が気に入っているようですね。他の野鳥が人の気配に敏感なのに、こいつはちっとも動じません。

     

    幸せを運んでくれるというこの鳥にあやかって、今年は好いことがありますようにと初詣で手を合わせたのでした。

     

     

    豪雨?

    • 2017.08.18 Friday
    • 11:20

    今朝、関屋分水脇で沖に目を向けると、黒い雨雲がら海面に向かって幅広く帯が延びていました。激しい雨が降りしきっているのだろうと思います。

    こちらに来ないで!

    5月の朝日

    • 2017.05.20 Saturday
    • 08:41

     

    目覚めたらまだ4時。

    朝焼けを見ようと思い立ち、関屋分水脇の展望台に上ると北東の国境方面から朝日が昇り始めました。

    海に沈む夕陽のはかなさも美しいものですが、日の出のすがすがしさもなかなかのもの。

     

    さらに北に目を転じると鳥海山がうっすら姿を見せ、日が昇りきると快晴の空の青が静かな海にみごとに映り込みました。

    今日はさわやかな良い一日になりそうです。

     

    categories

    recent comment

    profile

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM